乾燥肌にできるニキビとケア法

240 F 80570762 3UfSGQNhZncgJ0rDx4VnpMKfJ4mx7oO0 - 乾燥肌にできるニキビとケア法
BEAUTY

乾燥肌にできるニキビ?ニキビの種類も様々

ニキビには脂性肌によくできる、いわゆる普通のニキビと、乾燥しているのにできる乾燥ニキビがあります。

240_f_78588551_kzf7ub1v4svldzh28ao4a2m3wcr9j8it

成長期の男子にできるニキビや、20代手前でできるニキビはいわゆる普通のニキビです。
男子の場合は男性ホルモンが活発に分泌され皮脂量が増えます。

普通ニキビの原因は、毛穴に皮脂がたまり、毛穴がつまってしまうことです。

お肌の乾燥を補うために、余分な皮脂が過剰に分泌される脂性肌は、毛穴がよりつまりやすく、ニキビができやすいのです。

乾燥肌ニキビとは?

では、乾燥肌の場合は、もともと皮脂が少ないのに、なぜ毛穴がつまってニキビができてしまうのでしょうか。
乾燥肌の特徴は、お肌の皮脂分泌が少なく、天然のバリア機能を備えている皮脂膜がしっかりと作れないところにあります。

240_f_64225163_rjfedtp2s947gs7dxjgoulwixuztpiow

だいたい20代以降にできるニキビは大人ニキビとも言われ乾燥が原因でできることが多いのです。

この皮脂膜の量が少ない状態のお肌では、角質層の水分が大量に蒸発してしまいます。

そして、水分のなくなった角質は硬くなってしまい、毛穴もだんだんと細く弱くなっていきます。

このように細くなってしまった毛穴は、ほんの少しの皮脂でもつまってしまうのです。

つまり、乾燥ニキビができる原因は、脂性肌にできるニキビと同じように皮脂がつまってしまうことだったのです。

乾燥ニキビ対策で重要なのは、たっぷりと水分を蓄える状態を作り、皮脂膜をしっかりつくってあげることです。つまり、水分と油分のバランスをとるのが一番の解決方法になります。

240_f_97079472_rwzv7ojhvdiqqssezfwf1okyrxhzqy18

乾燥ニキビを予防するには、もちろん普段の保湿も大事ですが、お肌の水分がきちんと保たれ、皮脂膜が正常に作られるようにするために、お肌の角質層の働きを正常に機能させる必要があります。

保湿したいからといってクリームなオイルなどの油分ばかり繰り返しつけていると、逆に皮脂膜をつくる力を弱めてしまう可能性もあるのです。

また、油分の入ったクリームなどに含まれる界面活性剤が、強力な浸透力で皮脂膜を溶かし、角質層を傷めてしまうことにもなりかねません。

このような一時的な対策はかえって乾燥ニキビをつくりやすいお肌になってしまうのです。

スポンサーリンク


正常なお肌を保つには、タンパク質やアミノ酸など肌細胞に近い栄養素が入った成分でできた化粧品で、ダメージを受けた角質層をじっくり整えるのがおすすめです。

乾燥ニキビ、いわゆる大人ニキビの主な原因は化粧品やお手入れだけでなく、ストレス、睡眠不足や食生活の乱れも大きく関係しています。

240_f_109010614_pni16dweutxu13duleow5k9war1vdait

これらの原因がホルモンのバランスを崩してしまい女性ホルモンの分泌が減ったりする為です。

更年期の方でニキビができやすくなるのもこれが原因です。

女性でも男性ホルモンは分泌されています、それがバランスを崩し女性ホルモンより上回ってしまった時にフェイスラインや顎にニキビができてしまうのです。

若い方でも食生活が乱れたり睡眠不足が続いたりすると、顎や口周りにニキビができる方も多いです。

また乾燥肌の方は乾燥しているけど、皮脂が出てテカったりする症状もあります。

こういう場合はあぶらとり紙などで拭き取らずティッシュで軽くオフするくらいにして下さい。

乾燥肌を守ろうとして過剰に皮脂が分泌されている証拠です、余計に取りすぎると皮脂分泌が増えてまた毛穴につまる原因となります。

まとめ

肌の乾燥が大きな原因となる大人ニキビの対策で1番大事なのはまず保湿ケアです。

洗顔のし過ぎで乾燥している場合は、朝の洗顔をぬるま湯で洗うだけでもいいです。

また、洗顔方法もしっかり泡立て、ゴシゴシ擦らずやさしく洗いましょう。
また、ぬるま湯でしっかり流すようにし優しく拭き取って下さい。

化粧水や美容液はセラミド成分のものでお肌の保水力をアップするものがいいですね。

乳液は、乾燥がひどい部分には重ねづけし、皮脂が気になる部分には薄くつけるようにしてみて下さい。

皮脂が出る部分はビタミンCが入った美容液もおすすめです。この場合、水溶性ビタミンCより油溶性ビタミンCがおすすめです。

それでも皮脂が減らない場合は、皮脂分泌を抑える成分が配合された化粧品を気になる部分にのみ、つけすぎない程度に塗布して下さい。

ピックアップ記事

関連記事一覧