乾燥している肌には石鹸が効果的って本当!?

sekken - 乾燥している肌には石鹸が効果的って本当!?
BEAUTY

石鹸が肌にいいとか悪いとか噂されていますが・・・

洗顔はお肌のお手入れのファーストステップ。肌荒れや肌劣化は洗顔時に起こると言われています。

そこで、肌に優しくきちんと洗浄してくれる、そんなアイテムが欲しいですよね。

でも、私達一般の消費者は、何が肌に優しいのか、どれくらいの洗浄力があるのか、宣伝や口コミを頼りにするしか判断の仕様がありません。

よく肌荒れして皮膚科に行くと
「変なので洗わないで石鹸で優しく洗いなさい。」と言われることが多いと思います。(特に年配のお医者様に・・・)
でも石鹸で洗ったら、ものすごく肌荒れしませんか?

結局石鹸ってどうなの?という疑問をお持ちの方、一緒に解決していきましょう。

石鹸と言っても色々な種類があります。

洗顔や浴用の石けんには、色々な成分が入っていることを知っていますか?
石鹸は泡立ちを良くするための発泡剤が入っているためよく泡立つ傾向があります。

また、純石鹸と呼ばれる石鹸素地100%の石鹸もあります。
こちらは昔ながらの製法で、自然派イメージもあって何だか肌に良さそうな気がしますが、

石鹸素地100%は100%界面活性剤です。
強力な洗浄力があります。

女性の方なら試してください。ファンデーションのスポンジやブラシを石鹸素地100%の石鹸で洗ってみてください。

ものすごくよく落ちます!

石鹸素地100%でない石鹸も、肌をアルカリ性に傾けます。
アルカリ性は肌を乾燥させます。

健康なお肌は弱酸性(ちなみに、オイリー肌さんは酸性に傾いています)なので、石鹸で洗顔するたびに乾燥肌の原因を作っていることに!

乾燥肌の人は、肌の表面のバリア機能が低下してしまっているので
健康な肌なら何でもないことも刺激になってしまい、
あっという間に、敏感肌・肌荒れになってしまいます。

肌荒れの原因が、「乾燥」なら、石鹸は避けるべきですよね!

240_f_36043645_xsm22xdlpo36alhyl8qwh3og8b8gidl6

※たっぷり泡立てても石鹸は石鹸なので、気を付けて!
ただ肌摩擦はおさえられますが・・・

石鹸洗顔が合うのはオイリー肌

石鹸は、乾燥肌を招きバリア機能を壊しやすいのですが、逆に、オイリー肌の方にはいいお手入れになる場合もあります。

オイリー肌の方は肌が酸性に傾いているので、石鹸でアルカリ性に寄せてあげると弱酸性になります。

ただ気を付けたいのは、乾燥肌すぎて、お肌を守ろうと油分がいっぱい出てしまっているインナードライ肌の方は石鹸洗顔は合いません。

肌質を見極めて、洗顔料を選ぶようにしたいですね!

ピックアップ記事

関連記事一覧