乾燥肌は夏場のお手入れで差がつく!お手入れ法公開

sea sunny person beach medium - 乾燥肌は夏場のお手入れで差がつく!お手入れ法公開
BEAUTY

乾燥肌の方で冬場さらに乾燥がひどくなる方はいませんか?

乾燥肌がひどい方は、粉ふいたり、赤くなったり、ヒリヒリしたり、肌がつっぱったような感じになったりと症状は様々ですが、明らかに夏場よりは乾燥していることを感じやすいです。

きっとそういう方は、その症状に対して保湿ケアをいつもより頑張っていると思います。

実は冬場に乾燥がひどくなるのは夏場のダメージケアがしっかりできていないせいでそのダメージが積み重なり、冬場乾燥する時期に一気にそのダメージが肌の表面に出てしまうからです。

その夏場のダメージの大きい原因は紫外線なのです。

夏に潜む乾燥肌の原因

そもそも冬は大気が乾燥し、冷たい風も吹くことで、多くの人が肌の乾燥を経験します。
なのでケアをしっかりする方は比較的多いのです。

しかし、夏場は顔でも汗をかいたり皮脂量が増えたり肌がベタつくことで肌の表面が乾燥していると感じる方は少ないはずです。

日焼けをしないように日焼け止めを塗ったり、紫外線に当たったら美白ケアをする方は多いのですが、保湿ケアは冬よりしている方は少ないのです。

でも夏場こそ毛穴も開きやすくなってお肌の水分が蒸発し、肌の内部は常に水分不足状態なのです。
美白ケアが出来る化粧品はだいたいビタミンCが入っているのですが、それはつけすぎても肌の乾燥を進めてしまいます。

また、顔だけでなく肌の露出も増えるため紫外線の影響をより多く受けます。

他にはエアコンの使用による室内の空気の乾燥です。エアコンの吹き出し口から出る風に当たると、その刺激で皮膚の水分が失われていきます。

扇風機の風も一緒です。

大きな原因の紫外線ですが、紫外線の中にはUVA波という紫外線の種類があるのですが、それは肌の1番下にある層の真皮まで届き、肌の弾力や張りを保つコラーゲン繊維やエラスチンを破壊してしまいます。

また、お肌のバリア機能も低下します。

少しの量の紫外線であっても繰り返し浴びていると、内部への侵入を防いで肌を守ろうとするため、肌の表面は余分な角質が溜まり「角質肥厚」の状態に。一方、肌の内部はバリア機能が低下して水分が蒸散しやすくなるため、より乾燥が進みます。

乾燥が進むと次に炎症を促します。

それがきっかけとなってメラニン色素が過剰に生成され、肌表面に色素沈着を起こしたり日焼けによってダメージを受け肌が赤くなることがあります。

240_f_55636943_he0vyjx7a92ywrk9xxelqlvat2jc187y

色白の方に多いのですが、軽いやけどの様な感じになり、ここまでなると化粧品をつけてヒリついたりするのですぐに冷やして刺激の少ない保湿剤を使って下さい。

そして色素沈着(シミ)です。

紫外線による炎症がきっかけとなって、メラニン色素が過剰に生成されることが主な原因です。
乾燥が進んでバリア機能が低下した肌は、新陳代謝がスムーズに行われず、メラニン色素を含んだ余分な角質が溜まっていきます。

その結果、色素沈着、シミになっていくのです。もともとそばかすがある方は色が濃くなることもあります。

繰り返し紫外線の刺激を受けていると、肌の細胞を守るためび角質層が厚くなっていきます。
その為ケアをしても化粧品の成分が肌に浸透せず水分不足になる上、水分が蒸発しやすくなります。
表面のキメが乱れ、ゴワついたりザラついたり肌が粉吹いたり肌荒れ状態になります。

またニキビもできやすくなります。

乾燥が進み余分な角質が肥厚くなるため、毛穴をふせぐニキビが発生します。紫外線を浴びて酸化した皮脂が、毛穴を刺激することもニキビの原因のひとつです。

よく油焼けといいますが、それがこの状態です。

また、紫外線を浴びると、ニキビの炎症が進み症状が悪化し赤ニキビになったりします。

加齢トラブルであるシワ・たるみにも、紫外線と乾燥は深く関わってきます。

肌表面の小ジワは、表皮の水分不足によるものです。
なのでシワやほうれい線が深くなったりキメが荒くなってたるみにつながります。シワ・たるみがひどくなると老けて見えがちなので肌も見た目も老化が進むといえます。

スポンサーリンク


乾燥肌の夏場のお手入れ

夏場は肌へのダメージがいっぱいです。
表面はカサついてなくても、肌の奥はカサカサでインナードライ状態なので肌の奥まで保湿できる化粧品が効果的です。
化粧品の宣伝の仕方の法律の問題で、化粧品の浸透は「角層まで」としか書いてはいけないので肌の奥まで浸透するかどうかは
実際にわからないのです。

ですが、分子の小さなものや、ナノ化技術のある浸透技術の説明がある化粧品を選ぶと良いかと思います。

日中つける日焼け止めはつけすぎると乾燥しやすくなるので、つけて乾燥を感じる方は乾燥肌用の日焼け止めがあればそちらの方がおすすめです。

オールインワン化粧品などは便利で簡単ですが、つけてすぐにしっとり感がある為保湿したように感じます。
それが実は肌の内側には浸透しておらず表面しか潤ってません。

肌のセラミドに働きかける美容液、その水分を逃がさないようにするクリームは夏場もぜひつけてみてくださいね。
また、フェルラ酸という、光老化や肌に悪影響の原因となる紫外線を吸収する成分が入っているとよいですね!

ピックアップ記事

関連記事一覧