美肌になる為に「女性ホルモンケア食」を!

240 F 92798935 jCwLcv6LaU3pi3pKLPTAljMmbUYxGw9q 2 - 美肌になる為に「女性ホルモンケア食」を!
BEAUTY

見渡せば、アンチエイジング製品、乾燥肌、敏感肌、毛穴ケア・・・と、様々な美容アイテムが溢れて
ロングセラー製品がありつつも
新製品は出ては消えするアイテムも沢山!

化粧品、美容器、美容サプリメント、ドリンク・・・
良いなと思うまま大人買いしていても
効果がなければ単なる無駄遣いになってしまいますね。

まずは自分の「美肌チェック」をしてみましょう。

まず美肌とはどんな肌でしょうか?

  • 美肌つやがあること(角栓や肌の萎み、赤みが気になりますか?)
  • 肌のきめが細かいこと(毛穴が開いたり、キメがなくヘンなテカリが気になりますか?)
  • 肌が乾燥していない・うるおいがあること(たるんだ毛穴、しわ、たるみが気になりますか?)
  • 肌がくすんでいないこと吹き出物(ニキビ)、シミ、そばかすなどがない

どれくらい当てはまりましたか?

美肌になるということは、肌の状態を正常に保つということになります。

ホルモンと美肌の関係

女性の美肌に大きく影響するのが、女性ホルモンです。
悩み別のアイテムを取り入れるよりも
肌全体の美肌力を底上げすることで、肌の悩みも総合的に改善していきます。

例えば
シミが気になる、ならばシミに効くレチノールを使おうかしら?
そしてシミが改善したら今度は顔の赤みが気になる。次はウィッチヘーゼル!そして次は・・・と
どんどんアイテムを探したり増やしたり。

本来、持っている体の機能を正常に整えホルモンのバランスを整え、総合的に美肌アプローチをかけることで
こういう必要がなくなってくるんですね。

加齢や、不規則な生活、食習慣で女性ホルモンのバランスが崩れます。
これを正常化させる!

これが美肌力の底上げポイントになります。

女性ホルモンには2つの種類があり、エストロゲンとプロゲステロンと言います。

エストロゲンの役割
女性らしい体を作ること、コラーゲンの生成促進。
また代謝を活発にさせ、痩せやすい体を作ったり
声を高めにしたりする作用もあると言われています。
妊娠しやすい排卵期に、男性を引き寄せるために魅力的な外見に仕上げていくのですね。
このため「美のホルモン」と呼ばれています。
このホルモンは更年期になると減少していきます。

 

プロゲステロンの役割
妊娠継続を助け水分や栄養を溜めこむこと、また皮脂分泌を促すことです。
これによって大人ニキビができやすくなります。
また精神的にイライラしたりやる気がでないなど、精神的な部分にも関係しています。
実はプロゲステロンには他にも重要な働きがあります。
排卵後は妊娠しやすい環境を作り、妊娠中は胎盤から分泌されたり、出産前までずっと妊娠の継続をする為に出続けているホルモンなのです。
黄体期後期と言われる生理前ではPMS(月経前症候群)が加わる方も多く、疲れが溜まりむくみがちになります。
そうすると肌にも影響を及ぼしてくることになります。

こう見ると、プロゲステロンは美肌の敵じゃないか!と思うかもしれませんが
エストロゲンをプロテステロンの両方のバランスが取れて、女性としての体の機能を保っているので
美肌のためには、加齢、ストレス、食事、生活習慣で減少したエストロゲンの方をアップしていく事が効果的なんですね。

今回は、女性ホルモン分泌をアップさせる食事と、さらに美肌をサポートする食事について書いていきますね

スポンサーリンク


ホルモンバランスを整えて美肌に効果的な食べ物

女性ホルモンを分泌させるに、体内循環をきちんと整えることから始めましょう。

海藻や野菜などで食物繊維を摂り腸内環境を整える必要があります。栄養分はしっかり取り入れて老廃物はさっさと流す。

体は食べたものを材料として作られているので、美の基本は食事にあります。
もともとの肌は100%内側から作られているものだからです。

食べた栄養素が吸収され、体を作り上げる仕組みにのって、私たちの体になっています。

コラーゲンもヒアルロン酸もセラミドも体の中で作られます。
また発酵食品は身体の中で栄養素が生み出されます。

納豆、みそ、麹などの発酵食品で腸内の微生物バランスを整えます。
特に大豆製品はイソフラボンというエストロゲンに似た作用があり積極的にとりたい製品。特に、きな粉はおすすめです。

ですが、発酵していない大豆製品は取りすぎると甲状腺機能の異常が現れる、また遅延型食品アレルギーになりやすいと言われているので
発酵した大豆製品を積極的に取るようにしたいですね。

イソフラボンの一種である「ゲニステイン」は、ソラマメにも含まれていますので
ホルモンケアにはソラマメも一役買ってくれますね。

240_f_55884172_j7wsywl6cxle05u4v0obkbypwmueox2n

腸内環境によって肌質が変わるくらいなので、とても大事なことです。

ビタミンB2、B6はニキビの原因となる脂質の代謝を促し、皮脂の分泌を抑える働きがあり美容ビタミンとも言われます。
特にB6は、エストロゲン代謝の手助けをするビタミンです。

ビタミンB2を多く含む食べ物には、アーモンド、卵類、牛乳など、ビタミンB6を多く含む食べ物には、ヤム芋、卵類、緑黄色野菜、魚類などがあります。

240_f_113902465_xohxg3inphadhn4uk0s19sqo5jcn8p3w

コラーゲンの生成を促したり、美白効果があるビタミンCと一緒に摂ることで、さらに効果が高まります。

ハリのある肌に必要なのは、肌を組成する素となるビタミンC・鉄分・タンパク質です。

シワやたるみが気になる方は、ビタミンCを多く含む柑橘類や野菜、鉄分を含むレバーやカツオ、ひじきなどの海産物、タンパク質を含む大豆製品を積極的に摂りましょう。

また、男性ホルモンも女性ホルモンも、コレステロールから分泌されます。

炭水化物にはコレステロールが含まれていないため、ホルモン分泌のためにも、たんぱく質は積極的に取りたいですね!

 

 

240_f_85150896_q9t5oby9edwxxq2fixzbprenpywrdyft

そして旬の野菜は、その季節におきやすい体の不調を予防する効果があります。

たとえば、夏の野菜はほてった体を適度に冷ましてくれたり、秋の野菜は、代謝の悪くなる冬にむけて、滋養のある食材がたくさんあり、冬の野菜は体を芯から温めてくれるものが多いです。
旬の野菜を摂ることで、サビない若々しい体づくりをしてくれます。

そして油です。

240_f_78245730_nfy5wker58sthwnzxt5hh7rdlodnqsyu

良質な油には、肌に潤いを与えるだけでなく、食事の栄養分をスムーズに吸収させることができ、くすみの改善や老化防止などの美肌効果を発揮します。
・オメガ3脂肪酸のオイル(亜麻仁油、えごま油、フィッシュオイル)
・ココナツオイル

普段使いには、エキストラバージンオリーブオイルが良いかと思います。

まとめ

良い食事は、美肌を作るための最高のスキンケアになります。
それは体の機能を整えるから。

肌トラブルは、体の内側から根本的に改善していかないといくらケアしても食生活が乱れていれば一時的な綺麗しか手に入りません。
美肌になる為の秘訣は、単なる若さではなく本当に大切なのは、体の中の健康ということです。

体を最高のコンディションにして、最高の働きができてこそ、美しい肌に成長させることができます。
腸の中をキレイにしておくことで、スキンケアでは手に入らない本物の美肌を手に入れることができます。
今日食べたもので、来月のあなたの肌の美しさが決まるのです。

毎日の食事でかなえられる「ホルモンケア」を是非取り入れてみてくださいね。

関連記事:

関連記事:

ピックアップ記事

関連記事一覧